日本全国の主要なマラソン大会のレース情報をシンプルに掲載しています。日本地図上から大会を探せるのが最大の特徴です。

自分に合ったマラソンシューズを選びましょう

今、スポーツショップのランニングシューズコーナーは
アシックスやアディダスをはじめとした各メーカーから
様々な機能を備えた、色とりどりのシューズが飾られていて
どれを選んでよいのか選択肢が多すぎて、
人によってはかなり迷うと思われます。

そこで選ぶポイントを少し整理してみたいと思います。

マラソンシューズ選びのポイント

シューズ選びのポイントとしては、

1、履いた時の『フィット感』、
2、初心者の方は足への負担を軽減するために『クッション性』、
3、そして、『重さ』。
4、付け加えるなら『デザイン』もでしょうか。

まず一番大事なのは1の『フィット感』になります。

フィット感

緩すぎず、かといってキツ過ぎず。
基本はカカトに指が1本入るぐらいのサイズがベターです。

スポーツショップでは必ず試着して、上記を確かめてください。
というのも、多くの方が自分の足のサイズを履かなくてもすでに分かっているとは思いますが
マラソンシューズに関しては、メーカーによって、例えば
『ナイキやアディダスは幅が狭い、アシックスやミズノはピッタリすぎる、』
などなど、一般的に言われている各メーカーの特徴があったりします。
改めて、必ずショップでは『ためし履き』をされてください。

クッション性

次に大事なのは、2『クッション性』です。
特に初心者の方は、筋力がまだ足りず足を故障しやすいので
足への衝撃を和らげるためにクッションの効いた、
そして靴底も厚く横や縦にブレない安定したシューズを選びましょう。

またそれなりに経験のある市民ランナーの方でも
普段の練習の時は、それなりにクッションのあるものを選び、
足への負担を軽減しておきたいところです。

ちなみに私が普段の練習の時に履いているのは下記の
『アディゼロ エナジーブースト』です。

アディゼロエナジーブースト

クッション性と反発性の両方を兼ね備えた優秀なシューズだと思っています。
ただ本番のレースだとシューズの重さがちょっと気になります。

独特の履き心地ですが、初心者から中級者まで幅広く履けるシューズだと思っていますので
もし店頭で見かけたら、一度ためし履きをされてみてください。

そしてレースでの経験や練習の積み重ねで、走る筋力がついてきましたら
だんだんと底の薄い、より反発性の高いシューズへと変えていきます。

やはり経験を積んで完走が当たりまえのようにできるようになってきましたら
タイム短縮、スピードを求めたいところです。

どうしてもクッション性の高い靴は、
前への推進力も吸収していまうので、スピードがでません。

ちなみに私がレースで使用しているのは下記、
『アディゼロ・タクミ・セン』です。

DSCF0786

キロ3分台で走る超エリートランナー向けのモデルだと思いますが
鈍足ランナーである私はこれを積極的に履いて、鍛えています。

自分のレベルに靴を合わせるのではなくて、靴のレベルに自分を合わせています。

重さ

実のところ、3の重さに関しては、
最近は年々シューズ制作技術が向上していて
各メーカーから発売される靴は軒並み『軽い』です。
重すぎて使えないシューズというのはおそらく一足もリリースされてないと思われますので、
エリートランナーのように数グラムでも削りたい方以外は
あまり気にしなくても良いでしょう。

デザイン性

最後に4の『デザイン』ですが
初心者の方は特に走るためのモチベーション維持のため
重要視されてもよいかもしれません。

また女性の方は、ウェアとシューズの色を合わせたりと
マラソンをお洒落に、スマートにこなすように努力されている方も多いかと思いますので
私が改めて述べるまでもかもしれませんね。