日本全国の主要なマラソン大会のレース情報をシンプルに掲載しています。日本地図上から大会を探せるのが最大の特徴です。

どうしてマラソンは42.125km?

マラソンは、
ギリシャのアテネで行われた第一回の近代オリンピックで正式採用されて
今に至っている競技です。

その名前は、ペルシャ戦争(紀元前490年)の故事に由来しているといわれています。

ペルシャ軍10万人がエーゲ海を渡ってギリシャを攻めてきましたが、
1万人のギリシャ兵がマラトン平原にてペルシャ軍を撃破しました。

そのときに非常に健脚であったギリシャ軍のフィディピディスが
約40km離れたアテネまで走り勝利を告げたのち、亡くなったそうです。

その故事をしのび、
第一回オリンピックのマラソン競技は
マラトンからアテネのコースで行われました。

そして、このマラソンコースの距離が
42.195km
であったそうです。

これが、マラソンが42.195kmである由来ですが、
実のところこの42.195kmでマラソン競技の距離が固定されるまで
しばらく時間がかかりました。

第8回のパリオリンピックでようやくこの距離に固定されたわけですが
それまでは『だいたい40kmぐらいで』といった
ちょっと曖昧な感じでオリンピックのマラソン競技は行われていたそうです。

マラソンの世界記録が数秒単位で毎年更新されていく現代で、
大会によって距離が曖昧とかちょっと考えられませんが、
昔はタイムにはあまり価値はなく、
あくまでその大会での順位にのみ価値があった、ということでしょう。